【婚約指輪DIY】手作り指輪で思い出づくり&大幅に節約した話

ブライダル

こんにちは。ばうむです。

皆さんは結婚指輪ってどうされましたか?結婚を意識していなかったときは、「婚約指輪」と「結婚指輪」の二つ必要なのか?とか、「婚約指輪は給料の3か月分」とか、訳のわからない文化だな~とぼんやりと思っていました笑

よめの単身赴任で、札幌と上野の二拠点生活をしながらも2022年4月に結婚式を行ったばうむは、よめとの合意により指輪にはお金をかけませんでした。最近では同じような考えの方も多いのかなと思いますので、私たちの結婚指輪事情について少しお話します。


ばうむさんちは「結婚指輪」だけ

先述したように、結婚に際して「婚約指輪(女性だけがつける)」と「結婚指輪(結婚の証として二人がつける)」を準備する方が多いのかなと思います。婚約指輪はダイヤモンドがキラキラした「ザ・指輪」という感じのイメージがありますよね。

婚約指輪と結婚指輪ってなにが違うの?意味は?価格は?徹底比較で解説!|結婚指輪・婚約指輪|ゼクシィ
婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、ふたりにとって大切な愛の証し。どちらも結婚のときに用意するものだけど、具体的な違いを知らない人も多いのでは。そこで今回は、2つを比較しながらそれぞれの意味や金額相場などをご紹介。指輪に込められた思いを知って購入の参考にして。

ただ、最近では、婚約指輪は不要と考える方も増えているように感じます。

私たちも、「指輪に大金をかけるよりは、日々の生活や旅行でちょっとした贅沢をしていく方がいいよね」ということで、結婚指輪だけ用意することにしました。

結婚指輪は手作りで!

結婚指輪だけ準備すると決めた私たちですが、実はプロポーズの時には婚約指輪も渡していました!

と、言っても、洋服屋さんで売っているひとつ2,000円程度のもので、よめが前に欲しいと言っていたので丁度良いかなと思い、一応雰囲気出しでプロポーズの時に渡しています。

左がひとつ2,000円の婚約指輪、右が手作りの結婚指輪

そして本題の結婚指輪ですが、いろいろ検討した結果、手作りで行くことにしました。

よくあるブランドのきれいな指輪もいいなと思ったのですが、金額的に高いな~っていうのと、特にゆかりもないブランドの指輪を買ってもな~という無駄に「物事に意味を持たせたくなる性格」が大いに発動し、「それなら手作りしよう!」となりました。

手作り指輪のお店を検索すると、思っていたよりもたくさんのお店が出てきます。その中から私たちは、大好きなみなとみらいで手作りができる「横浜元町彫金工房」さんで作成することにしました。

横浜元町彫金工房 – ふたりでつくる手作り結婚指輪
横浜元町彫金工房は、手作り結婚指輪・手作り婚約指輪の工房です。一生に一度の特別な指輪だから、永く愛せるものがいいー。1本の金属から生まれるおふたりだけの輝きを、想い出とともにお持ち帰りください。

決め手は、金額面はもちろん、場所(みなとみらい)、インスタでの雰囲気や評価でした。

表面の加工や色、ねじれのありなしなど、複数の組み合わせからデザインを選ぶことができます。

それも作成費用は○○万円

私たちは、仕事中も外すつもりはなかったので、あまり主張が強すぎない方がいいなと考えていました。

二人で考えた結果、シンプルにシルバー(素材としては)プラチナでねじれなし、細目でつやつや(甲丸でクリア)、石もつけないデザインにしました。

彫金工房さんでは、指輪の内側にメッセージを刻印してもらうこともできます。

刻印の様子

費用は二人分で確か10万円弱だったと思います。先のゼクシイの記事によると、婚約指輪の平均は35万円、結婚指輪は2本で25万円程度とあるので、指輪で50万円近く節約することができました!

これだけ金額が変わるなら手作りでもいいなって方は多いのではないでしょうか。

ちなみに彫金工房さんは、一度作るとメンテナンスを将来的に無料でやっていただけます。

普段身に着けているとどうしても表面がこすれてつやがなくなってしまうので、とてもありがたいサービスです。私たちも式の前には磨きなおしてもらってツヤツヤピカピカにしてもらいました^^

指輪ケース(真ん中の丸いやつ)は有料ですがお願いしてよかったと思っています。完成するとお花入りの額縁に入れてもらって写真を撮らせてもらえます!

皆さんは結婚指輪はどうされましたか?

価値観は人それぞれですが、選択肢の一つとして手作り指輪もありだと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました